タックル紹介『奥さんの竿』

奥さんがあたしの竿も欲しい・・・との事で、岩国の釣りショップ「錦帯釣具店」にて購入しました。 この釣りショップはなんと言っても安い!!会社から一番近い釣りショップで仕事の合間を見てよく立ち寄り情報を得てる店で、店長の奥さんが無愛想だけどwアットホーム的でいいお店です^^

CIMG2522

オレンジの竿 3号-4.5m
カブラとサビキその他兼用
レッドの竿 2号-4.5m2
夜のアジ・メバルのエサ釣り用
2本ともカーボン70%だけど200g前後で軽いのでいいかなって思う。
リールは3000番と2000番で初めから道糸(4号と3号)が巻いてあります。
一応SHIMANOです。

CIMG2539 CIMG2533


3号の竿にカブラを装着してみました。

特製カブラは幹糸・枝ともに3号のナイロンを使用してます。カブラ針は土佐カブラの7号で、枝間45センチ・枝10センチの4本針です。幹糸と枝の結び目を3重にして弱くしてます(すると根掛りのときに枝だけが切れる)。飛ばしウキはひし形の30グラム(だったけな…w)を利用してます。 

CIMG2538

2号の竿に反転カゴの仕掛けを装着してました。

市販のミラクルカゴにアロンアルファーを用いてサルカンを固定し、様々なウキの装着が可能になるよう改造してあります。足場からポイントまで大遠投しないといけない場合に有効です。真鯛仕掛けとかサビキ仕掛けは重たすぎて遠くへ飛ばない…そこで市販のサヨリ仕掛けをヒントに思いつきました。

CIMG2550

早速、今回購入した3号-4.5の竿に、全長3mのカブラ仕掛けが装着されいていると仮定して、ひたすら投げる練習をしている奥さん。3mくらい後ろにフェンスがあり、ヒヤヒヤしました^^;

2011年 5月20日周防大島『戸田の道路』

5月20日
干潮16:45 満潮23:30

5月に入ってもなにかと忙しく…次の土曜日の28日も闇夜週末の6月4日も釣りに行けない...。そこで、行くなら今日しかないと思い、月夜の周防大島へアジを狙いに出発。しかし、満潮が23時30だし…早く行っても釣りにならんと思い、夕方の干潮に合わせて『由宇』に寄ってマテ貝でも採って行こうって事に。 5月も半ば過ぎ…マテ貝大丈夫かな?食べられるかな~っていろんな人に聞くと、まぁ大丈夫なんじゃ?って言うから行ってみた^^

CIMG2661

スコップで穴を掘ると…今日も沢山とれました。約一時間で多分300匹くらいかな? 用意していた、バッカンに新鮮な海水を入れて、ブクブクを付けて、チャックを閉めて、いざ周防大島へ。

《タックル》
磯竿 2号-5.3m
リール 2500番
道糸 2号ナイロン
半誘導にしたナイロン製反転カゴに1号電気ウキを装着
ハリス 1号
針 海タナゴ8号に蛍光リング+5Bの鉛

付け餌 イシゴカイ(かめやで言う砂虫w)
撒餌 オキアミ1キロ+生エビ1キロ+粉少々

この仕掛けは浅瀬で遠投が必要な時に有効だが、サビキのカゴと違って、撒餌が一気にドカって出るので、仕掛けを投入して最初の3分が勝負。アジが回遊していたら、高確率でヒットしますw。

とりあえず、1投目…3分経過。あたりなし…タナを1/2ヒロ広げて2投目、タバコを取りに車まで行って戻って来たら…ウキがないw 巻き上げると…あれ?この引きはメバル? 15センチの青メバルが来た^^

そして3投目…電気ウキがグンって真下に海に沈む、メバルの当たりだっ…すかさず合わせる…グンって来た^^ 重いw 22センチは超えてるな~慎重に引き上げると25センチくらいかな?

4投目を投げて、エラにナイフを入れ血抜きをして、ウキを見ると、また沈んでるw アジかなぁ~なんて巻いてみると…またメバルだ^^

こんな感じでアジは1匹も釣れずwまぁメバルの方が嬉しかったですが^^

CIMG2652

釣果。メバル24.5センチ~15センチ 22匹。

CIMG2665

次の日は寝不足で、朝から奥さんの買物に付き合い、昼過ぎから二人で黙々とメバルをさばき…マテ貝をボイルにして…下ごしらえ完了。その後、昼寝して夕方まで爆睡したら晩御飯が出来あがってた^^

CIMG2666

メバルの刺身
マテ貝の佃煮
マテ貝のバター醤油焼き
マテ貝の味噌汁

釣られてくれたメバル達に感謝して、美味しく頂きました^^


2011年 4月16日 『安芸の宮島』潮干狩り

4月16日
月夜の大潮(1日目) 
干潮14:26(31cm)

今日は宮島に潮干狩り来ました^^ 桜のシーズンも終わり、そこまで人も多くないはずって思い渋滞覚悟で車で行きました。広電の宮島駅周辺の1日1000円のパーキングに車を止めて、桟橋まで歩く。 すんなり車は止められたけど、連絡船の中は人・人・人って感じで…^_^;

2011宮島1

日本三景の宮島…世界遺産の宮島…人が多い宮島… こんなとこでアサリが取れるはずがないって正直思ってた。海に浮かぶ鳥居の前に到着したのは12時くらい。早く着きすぎて潮が引いてないw 鳥居まで歩いて行けるくらいまで、潮がひくのを待って靴をサンダルに履き替え、潮干狩り開始^^  

潮干狩りは小さい頃一回しか、やったことがなく…今回が2回目^_^; とりあえず上手そうな、おばさんの近くで様子を見る。なるほど…綺麗な砂より、少し黒ずんだ砂もしくは表面がアオサに覆われている砂を掘っている。深さは5センチほどだ!!(釣りでいうタナ5センチってとこかw)

2011宮島2

おばさんのマネをして掘ってみる…アサリはいない...少し場所を変えて掘ってみる…やっぱりいないw 奥さんを見ると結果は同じだった。おばさんを見るとすでにザルに10個くらいアサリが取れてる。上手だなって思い、いろいろ考える…

そうか…4月の上旬の大潮でも、結構潮干狩りをしてた人が多くいたはず。 おばさんに話しかけてみると「4月3日も来たんだよ~沢山とれたよ~」って返事が返って来る。つまり…人が掘り返したところを掘ってもアサリがいないってことらしい…

砂の表面をよく観察すると、微妙に起伏がある部分と無い部分がある。ずばり狙いは起伏がなく平らな砂面で固い表面だ^^ 時計を見ると1時過ぎ…だいぶ砂浜が増えて、人も多くなってきた。さぁ行くぞ~って感じで狙いを定めた箇所を掘る。

アサリいました!! 綺麗な砂より、少し黒ずんでいる砂のほうが良い。少し匂いが臭いなって感じる砂を徹底的に掘る。100円ショップで買った潮干狩りセットに入ってるミカンネットの3分の1くらいになったところで、シカと遊んでる奥さんを呼びに行く。二人で黙々と掘る・掘る・掘る…

結局、ミカンネットを一杯にしたところで終了。小さいけど本日の晩御飯のおかずには十分だし、それに腰が痛いし…

2011宮島3

こうして見てみると、やはり小さいな…まぁよい。楽しむ事が出来た^^ 

2011宮島4

うちの奥さんがアサリのバター焼きとアサリの味噌汁(ドンブリw)を作ってくれた。意外と量が多かった^^; 美味しくてお腹いっぱいです^^


 

2011年 4月1・2日 周防大島『船越の道路・地家室』

4月1日
闇夜の中潮(2日目) 
満潮 20:10

4月の闇夜の大潮が来ました(^o^)/ この日は17時仕事を終わらせ、奥さんと17時過ぎに岩国駅で待ち合わせ、向かう先は周防大島の『立岩のゴロタ』途中、釣りショップによって、次の日のフカセ用に冷凍生エビ3キロを購入して、現地に到着したのは19時前…満潮まで1時間しかない^^;

「さぁ投げろ~」って言って二人して暗闇の海へカブラを大遠投^^ しかし…奥さんは暗いせいか、上手く投げられないw 指導している時間がないため、今回も俺が投げるハメに…1投目からメバルが食いつく…2投目、3投目w あっという間に用意していた、活かしバケツが満杯にわーい(嬉しい顔) 小さいのは海へ放流^^

あっという間に過ぎた満潮までの1時間^^ 大きめの14匹だけをキープして再び釣りショップへ…今回2日間にわたってメバル釣りをするので、美味しく食べる為に、釣り上げたメバルの下処理を済ませる。 

4月2日
闇夜の大潮(1日目) 
満潮 8:35 20:48

CIMG2530

朝5時に起床、コンビニの駐車場でサンドイッチだけの朝食を済ませ、コーヒーを飲み地家室へ…予定していた地磯はすでに先客が…仕方なく、道路から比較的簡単に降りる事の出来るこの場所で決定^^  

CIMG2589 CIMG2577

竿 PROSTAGE SPEED ISO 1.5号-530
リール SHIMANO AERNOS NT 2500
道糸 白のナイロン1.5号(メーカーは忘れました…安物ですw)
ウキ 全誘導Ⅹ-B
ハリス フロロカーボン1号(2ヒロ)にチヌ針2号

いつもどおり浮きチヌを狙って、フカセを始める…うちの奥さん…だいぶサマになってきているw マキエをウキに命中させて、喜んでる^^ この日もいろいろ工夫したけど…釣れるのは大きめのベラだけ。10時前、特大のフグが釣れて納竿^_^;

夕方、クーラーボックスの氷を補充して、『船越の道路』へ…17時頃到着。すでに何人か先客がいて、海の様子を眺め、このへんかなって思う場所に3号の竿を2本を立てて場所を確保。

タックルは…
竿 PROSTAGE SPEED ISO 3号-530
リール SHIMANO AERNOS NT 4000
道糸 白のナイロン3号(メーカーは忘れました…安物ですw)

カブラ 土佐カブラ(7号)緑・青・緑・青・緑
奥さんのカブラ 土佐カブラ(7号)赤・黄色・白・青

18時に釣り始めぽつぽつと当たり始め…19時から入れ食い…20時過ぎにもう十分だって思い、俺は納竿して奥さんの応援へ…俺が投げて、奥さんがメバルを釣る…俺がメバルを針から外してあげて投げてあげる…w 「投げて2投連続でメバルが釣れなくなったらやめよう」って奥さんに語りかけるも…ほぼ入れ食い、2投連続で空振りなんて永遠に来ないかもって思ったねw 結局9時半に「お腹すいたから帰ろう」って事になり、帰宅。

CIMG2662

釣果 16センチ~24センチのメバル64匹。4月の闇夜はいいですね~^^

CIMG2680 CIMG2687

次の日、大きさ別に種別。二人で黙々とメバルを流れ作業で捌きました。

今週の献立は…
日曜日 『メバルの刺身』と『メバルのカルパッチョ』と『メバルのホイル焼』
月曜日 『メバルのハンバーグ』と『メバルのアクアパッツア』
火曜日 『メバルの煮付け』と『メバルの柚庵焼き』
水曜日 『メバルのつみれ汁』と『メバルの塩焼』
木曜日 『メバルの唐揚げ』と『メバルフレーク』

久しぶりの大漁でした^^

2011年 3月19日 周防大島『地家室』フカセ釣り

3月19日
月夜の大潮(2日目)
満潮20:48

久しぶりに周防大島に行って来ました。途中、大島の釣りショップ「かめや」に到着したのは13時…店のカウンターに東北の地震の影響で「沖アミは1人2キロまでしか購入できません」って貼り紙があった。店員さんに話を聞くと、沖アミの工場が東北にあって、震災で被害を受け入って来なくなったようです。コマセは2週間前白石灯台に行った時のものが大量に余ってたし必要なし。ゴカイを500円分だけ購入して地家室の磯へ車を飛ばす。

CIMG2484-1 CIMG2454-1

藻がない、風もない、波もない、なんて釣り安い日だ…コマセを撒くと小魚が寄って来る。とりあえず1号-5.3の竿にBのドングリを全誘導にして竿先より3~4m沖に仕掛けを投入。15センチ位のベラが入れ食いw 次もベラ次もベラって感じ…^^; 小魚の下に30センチ位のチヌが時々見える。小魚対策で、手前にダミーのコマセを巻き、少し沖に仕掛けを投入…凄い無風だったのでガン玉なしで差餌のオキアミボイルがみるみる沈む。沈んだところで、手前に仕掛けを寄せ、コマセを撒く…小魚がチヌに驚いてパァーっと散る瞬間をひたすら待つ。

CIMG2515

結果は空振り^_^; 夕マズメに小さいメバルが入れ食いになっただけでした。

CIMG2520

メバルの唐揚げとメバルのバター焼き^^ 梅酒で乾杯しました^^

2011年 3月5日『白石灯台磯渡し』

3月5日
闇夜の大潮(3日目) 
干潮16:17 満潮22:18

この日は約1年ぶりの釣りです。渡る磯は『白石灯台』。胸を躍らせ釣り仲間のK君と、仕事のお客さんFさんとTさんの4人で、13時に大竹市のゆめタウン近くの小方港に集合。今日の広島県は風速最大3m…少し風があるけどなんとかなるだろ~^^

CIMG2397

現地到着。いい天気^^ 写真右側の島に4人渡る。空撮のデータでは自由に島を行き来出来るって思ったけど、船頭さんが高い岩を渡るからキツいよ~って言う。急きょ2人づつ分かれて釣果の高い『船着き』にお客さん二人にわたってもらい、俺とK君は『ウマノセ』に渡る事に…まぁそのほうが気が楽でいいやw

CIMG2399

写真は『船着き』二人の荷物を俺とK君で降ろしてあげて、ビールとつまみをプレゼントして再び船へ…

CIMG2404


写真は『ウマノセ』『船着き』よりも平らな岩が多くて比較的釣りやすそう。しかし降りた岩から安全な荷物置き場まで、大きな岩を二つ越えなければならず。K君と二人でヒーフー言いながら荷物を運ぶw 俺もK君もまだ釣りの経験が浅いので、とにかく何でも持っていけって感じで、二人して重装備だからなおさらキツくて…荷物を一番高い平らな岩に運び終わったら汗びっしょり^_^; 二人で装備やら新しい仕掛けの自慢をし合いながら準備にとりかかる。

CIMG2403

瀬戸内海は満潮と干潮の差が3mくらいある。写真は干潮の2時間くらい前に撮影したもの。満潮の時は黒ずんでる部分まで潮が上がって来る。『船着き』からお客さんがメバルがワームに食って来たよ声がする。K君がワームを投げると可愛いメバルが食ってきた。とりあえず、夜からが勝負!! 明るいうちは、遠投カゴ仕掛けやフカセ釣りして時間を潰しました^^

満潮の2時間半前、ようやくカブラの出番。3号の竿にこの日のために作った白石灯台専用特製カブラを装着。干潮の時、藻の位置・海底の落ち込みの位置は全て把握してた。他の3人はまだフカセでメバルを狙っているなか『ウマノセ』の南側の高台から、南東(やや東寄り)へ軽く投げる、星が綺麗な暗闇の中「ちゃぽん」と飛ばしウキが着水する音を聞いて、狙い通りのポイントへ投入された事を確認。ゆっくりと巻く。少しずつ投げる方向・距離を変えながら、アタリを待つ。

9時半…ようやく待望のアタリ^^慎重にあげると自己最高の26センチのメバル^^ その後も次々にメバルを上げる。10時過ぎ強烈なアタリ…メバルが藻に入らない様に竿を立て軽くしゃくりカブラ針をメバルに食い込ませる…バレないように祈りながら上げると、なんと27センチ^^ 凄く嬉しかった。他の3人も慌てて俺がプレゼントしたカブラを投入するも時すでに遅し…カブラは巻くスピードや場所に応じた飛ばしウキの選定、アタリの感触やら慣れてない人には難しい…頑張って声を出してアドバイスするもやがて潮止まりを迎え終了。 

CIMG2415 CIMG2427

あまり、数は釣れなかったけど…久しぶりの釣りは凄く楽しかったです^^ 今日の釣果27センチから19センチのメバル6匹(小さいのはK君がワームで釣った可愛いメバルです)

CIMG2430

刺身と三骨せんべいとお吸い物です。久しぶりのメバルは美味しかったです^^

タックル紹介『磯渡し準備』

約半年間の長期出張が明けて…やっと広島へ帰って来ました^^ 来週、久しぶりに磯に渡るので、準備も兼ねて、倉庫へ収納していた釣り道具を出して、メンテをしようと思います。

CIMG1997

バッカンや竿ケースはホコリをかぶっており、ふき掃除が大変でした^_^; 今年の正月に購入したクラーボックスはウレタン断熱の35リットルで、俺の安い給料からして贅沢な買物でした^_^;

CIMG2000

来週の磯渡しは、釣行は大竹市の平内渡船さんに無理行って、昼過ぎに磯に渡してもらい翌日の朝迎えに来てもらいます。いわゆる「通し」で、メインは夜の大型メバルです。白石灯台はカブラの遠投の必要が無いので、軽めの25グラムの飛ばしウキに25~30センチピッチの5本針です。今回も土佐カブラの緑を中心に色トリドリです。フカセ用のハリスはチヌ針の2号・海タナゴ8号を中心に2ヒロ~3ヒロのものを沢山作りました。ウキはドングリと棒ウキ・電気ウキを用意。

CIMG2004

学生の頃、登山部だったのでその頃から使用している寝袋を今回も持って行きます。マイナス6℃まで耐えれる雪山用です(夏は暑くて使用不可w)。ライフジャケットは安物だけど、流行しているエアータイプは高くて購入できないのでしばらくこれで頑張ります。

CIMG2005

《タックル》

★1号-5.3はBのドングリを全誘導で使用 。
★1.5号-5.3は5Bの棒ウキを半誘導で使用。
いづれも昼から日没までと朝のマヅメにフカセ釣りで大物を狙いたいと思います。
★2号-5.3は5Bもしくは8Bの電気ウキを装着し夜のメバルを狙っていきます。
★3号遠投-5.3はカブラを装着し表層のメバルを狙います。
★4号遠投-5.3は…奇跡を信じ、遠投マダイ仕掛けを装着します。

餌も注文したし、リールの糸ヨレも今日修正したし、準備okかな…いつも必ず何かを忘れる…まぁなんとかなるだろう(=^・^=)

プロフィール
QRコード
QRコード
訪問者さんカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ管理者へのメール
中国地方釣行記ランキング